歯科治療院で行なわれている矯正歯科は半年~1年半程の治療期間

かかる費用

矯正器具

誰でも、大なり小なり自分の体にコンプレックスを抱えていると思います。
ただ、少なくとも日本では、そのコンプレックスを人工的に改善することは、あまり良くない風潮だとされています。
例えば、整形手術やカツラがそのことに該当します。
良くない風潮というのは言いすぎになるのでしょうが、整形手術やカツラを自慢する人はいないでしょう。
そのことは、体のコンプレックスを人工的に改善することが市民権を得ていないことを如実に証明していると言えるでしょう。
但し、唯一といって良い例外があります。
それは歯並びを矯正することです。
その理由は定かではないのですが、それはさておき、歯並びを矯正したからといって陰口をたたかれることはなく、後ろめたい気持ちにならないことも事実です。
このように恵まれた環境にあるわけですから、歯並びにコンプレックスを抱えているのならば、すぐにでも矯正した方が良いでしょう。

そして、歯並びを矯正する意義は、見た目が改善されるだけではないことも知っておいた方が良いでしょう。
歯並びが悪いと隅々まで歯磨きができない可能性が大いにありますから、虫歯になる確率が高くなります。
また、歯並びが悪いと上手く食べ物を噛み砕くことができませんから、十分に噛み砕かれていない状態で食べ物を飲み込んでしまうこととなります。
そうなれば、胃や腸等に負担がかかりますし、胃や腸等に負担がかかれば、病気になる確率は高くなります。
このように、悪い歯並びは健康を大きく損ねてしまう原因になっているのです。
ですから悪い歯並びは、すぐにでも矯正しなければならないのです。
言い換えれば、歯並びを矯正すれば、良い見た目と健康を同時に手に入れることができるのです。